ハイドロキノンクリーム(軟膏)の効果ない?皮膚科以外で買える市販は?

ハイドロキノンクリームに効果なしという声がありますが、本当なのでしょうか?また皮膚科以外で購入することはできるのでしょうか?どれくらいの値段で購入することができるのか、また市販のものはおすすめなのか、注意点等についてご紹介していきます。

公式HPはこちらから
デリケートゾーン訴求

ハイドロキノンクリームの効果は?

ハイドロキノンはしみの原因となるメラニン色素を作らせないような効果が期待できます。ハイドロキノンは強い漂白作用を持っていますが、安全性は高いものとなっています。皮膚科で処方してもらうことができます。
ハイドロキノンクリームはいくらくらいするの?
皮膚科で処方してもらう場合、4%ハイドロキノンクリーム5gで1,750円となります。そこに初診料や再診料がかかるので、+1,000円~2,000円程度で皮膚科では処方してもらうことが可能です。

ハイドロキノンクリームは市販されている?

「ハイドロキノン」で検索をすると、ネット上でハイドロキノンクリームを購入することができます。配合パーセンテージが低いものは比較的安価にて購入することができます。ただ安全性から見ると、やはり皮膚科で処方してもらった方が安心でしょう。
もし試しにハイドロキノンクリームを使ってみたいと思うなら、市販のものを試してみるのも良いと思います。しかし皮膚科を受診して、自分に合ったタイプのお薬を処方してもらった方が効果的でしょう。皮膚科の受診は少し面倒かもしれませんが、自己流でケアするより効果は高いはずです。

ハイドロキノンクリームの注意点

人によって、かぶれや刺激があることがあります。赤みや刺激が気になる場合、使用を中止して医師に相談しましょう。
また強い紫外線を浴びると、しみが濃くなることがあります。短時間でも外出する際にはSPF20以上の日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。

ハイドロキノンはアメリカではメジャーな成分だった!?

日本ではまだそれほど深く浸透してないハイドロキノンですが、アメリカではメジャーな美白成分となっています。色素沈着を起こしたメラニンを薄くする作用があるので、しみ対策の成分として注目を集めていました。
化粧品などにも含まれることが多く、日本でも手軽に購入しやすくなりました。ハイドロキノンが配合されている化粧品を比較し、ランキングとなっているサイトもあります。もし気になるならそういったサイトをチェックしてみるのも良いかもしれません。

まとめ

ハイドロキノンが効果ないという声もありますが、どうしても自分の体質に合う成分と合わない成分があります。また効果が出るまで、ハイドロキノンは時間がかかる成分で、開始してから2~3ヶ月後に効果が現れるということも決して珍しくはありません。
そのため、開始してすぐに効果が現れないからといって、すぐに対策を中止すると意味がありませんので、注意しましょう。また最初は市販のものを購入するより、皮膚科で相談することから始めてみることがおすすめです。

ピンキッシュボーテで黒ずみ対策する!